今のうちに設定狙いを学ぶべきか?

先月、某パチンコ店の新年会を兼ねた送別会に参加してきました。

 

今回の記事は最近良く聞かれるので書いておこうと思った突発的な記事です。

sketch-1454423390274-1

 

 

例によって私の主観120%オーバーなので余裕のスルーでまったく構いません。

 

暇だから売れないイエローの話でも聞いてやっか」という心の広い方、ありがとうございます。

zzm_seifuku1

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

今回参加させて頂いた飲み会は今月から仕事をやめて長野の実家で家業を継ぐことになったN君の送別会も兼ねていました。

 

 

 

 

 

N君はハイエナをするようになってパチスロで稼げるようになったのですが今後のパチスロ(新基準機)では勝てる自信がないと言います。

 

N君をはじめいろんな人から聞かれるのが設定狙いをした方がいいか?】【今の内に設定狙いの勉強をしておくべきか?】という事です。

 

 

 

 

 

私はN君にハッキリ言いました。

 

「そんな事する必要ないよ」と。

 

 

 

勿論そこで話を終わらせた訳ではなく、私なりの見解を伝えました。

 

 

まず始めに設定狙い>ハイエナで稼げるというのは間違いないです。

 

 

 

ですが設定狙いというのはどこでも出来る訳じゃないんですね。

 

 

設定が入っていなければ狙いようがないのですからこれは当然です

 

 

私は今、月の2/3以上がハイエナ稼働です。

 

 

 

 

先月は5号機始まって以来の6連敗というのも食らいました。

 

 

1年前に恐ろしく状況のいい5.4枚の店を見つけて32連勝出来たのですがこの店は2ヶ月も持たずに完全対策されました。

 

 

 

ハイエナ稼働が中心となってからは店を変える頻度が非常に早いです。

 

 

さらに月の負け稼働日数も平均すると6日近くあります。

 

 

パチスロの収支・勝率を月単位で見るのは非常にナンセンスなのですが私はあくまで月単位に拘っていますので最大期待値で稼働するハイエナではどうしても負け稼働が増えてしまいます。

 

 

 

 

 

元々私は負け稼働を極力減らしてモチベーションを維持するタイプなので設定狙いの方が断然気が楽なのです。

 

 

なら設定狙いすればいいじゃねーかと言う所なのですがこれが設定狙い<ハイエナになっているのが現状です。

 

 

 

 

地域にもよるのですが私は設定狙いの練習をする意味はさほどないと思っています。

 

と、いいますのも設定狙いの状況というのは本当に変わっていくものなんですね。

 

設定狙いをする上で私が大切だと思っているものがメインの機種と主力の機種を使い分けられる状況にいるかどうかです。

 

 

 

 

この状況を作れない、作れるホールがない地域の人も当然いると思います。

 

そういう方がそういう地域で設定狙いをしたとしても失敗するのは必然で、設定狙いが下手な訳では決してありませんので諦める必要もありません。

 

今がそういう状況ではないというだけです。

 

 

 

 

 

4号機が撤去され5号機に移行した時も周りから同じような質問をされましたが初代エヴァとボンバーマン、シェイクの3機種だけで充分稼げました。

 

 

設定狙いが出来る地域にいないのなら、今は来たるべき設定狙いの為に少しでもハイエナで軍資金を蓄える時期だというのが私の見解です

 

少なくとも2度お邪魔させて貰ったN君の実家近辺は設定狙い出来る状況ではなかったので。

tz_418_008

 

 

 

ですが先程お話したように設定狙いの状況とはすぐに変わるものす。

 

 

 

今は出来なくてもAT機が撤去される頃には新たなメイン機種が出ている可能性だって充分あり得るのです。

 

 

 

設定狙いを無理に覚えるのではなく、設定狙いで勝てないのなら中途半端に旧イベント日だからという程度の理由では設定狙いをせずにハイエナに徹した方が、後々の為になるというのが私の見解です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です