設定狙いできる店を調査するための行動順序

ここで満を持してブルーの必殺技だ!!

 

その名も「ブルーインパルス~ドバイからのKAZE~」だ!

sketch-1452067632052

 

 

この必殺技はスイカ成立時の1/10で発生するレアな技として知られている。

 

必殺技が発生すれば、10ゲーム以上の上乗せが最大89%ループで続いていくぞ!

 

特殊終了条件は「なんでこんなに金が続くんだろうと思わせるほど毎日負けている常連のおじいさんがタバコに火をつけた時」だ!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

前回の店選びの基準を踏まえたうえで、実際の調査をする際の行動順序にすると、

 

 

 

気になる店に行ってみる

 

 

店内の客付き若者比率データロボ小役カウンターを使っている人の人数などをチェックします。

 

この時データランプを押してBB.RB回数をチェックするのはあまり意味がありませんのでそんなに固執しなくても良いでしょう。

 

敢えて言えばジャグラーのRB確率が1/240以上で5000回転以上回っている台の数などはチェックしておきましょう。

 

最初の慣れないうちは閉店2時間前位から「見」に徹するつもりで行きましょう。

 

 

高設定?を打っていた人や小役カウンターを使っていた人の顔を覚えておきましょう(あまりチラチラ見ると因縁をつけられます)。

 

さらに閉店時の出目をチェック、コインを一枚置いておく(当サイト記事参照)のも有効ですね。

 

 

朝イチから行って並びの数をチェック、先頭からの顔ぶれをチェック(昨日閉店時にいた人かどうか)、

 

入場と同時に朝並んだ人がどこに行くのかをチェック(ハイエナ目的の方もかなりいます)。

 

 

朝イチの出目チェック、ガックンチェック(目立たないように)特に常連さんの台の取り方は要チェック。これもかなり重要です。

 

迷って取ったのか、それとも予め狙い台を決めて取ったのか。

 

先程客の並びと高設定投入率は比例しないといいましたが、狙い台を絞って朝イチから台を確保しに来る客の数と高設定投入率はかなり比例します

 

具体的に言うとデータランプをポチポチして取ったのか、迷いなくタバコを放り投げたorすぐお金を入れて台を確保したかです

 

 

閉店前に再びチェック、朝イチ並んだ人が粘っているか+その台のグラフ&過去7日間の挙動前日の夜と同じように全てチェック。

 

 

同じ事を平日、土日休日と分けて何日間か確認。

 

この間にジャグラーなどの当日履歴打ちはしない方が無難です。

 

 

 

これである程度は見えてくる筈です。

 

 

 

 

次回は、実際の台の挙動を見て店を判断していきます。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です