宵越し狙いのデータカウンタの見方

データカウンタはどの店でも設置していますが、

宵越し天井狙いをするためには、データカウンタが有効です。

閉店間近に最終ゲーム数を見られれば良いのですが、早く帰らなくてはならない五時レンジャーには不可能です。

そのため、その店のデータカウンタの読み取り方を知っておくこと必要があります。

 

一般的なデータカウンタしか通用しませんが、

例えば

当日ゲーム数400回

BIG 0  REG 0

の場合は、リセットがかかっていなければ前日の最終ゲーム数と合算することが可能です。

 

そして

前日 総ゲーム数1500回

BIG  3   REG 1

だった場合は、データカウンタの履歴ボタンを押しながら総ゲーム数から各BIG、REGの回数を引き算していくと、

【例】

1回目 500ゲーム BIG

2回目 300ゲーム REG

3回目 100ゲーム BIG

4回目 300ゲーム BIG

引き算後のゲーム数 300ゲーム

前日の最終ゲーム数は300ゲームとなり、当日のゲーム数400と合わせて計700ゲームとなります。

 

注意点

①データカウンタと店の設定により、ATをREGでカウントしている場合などがある。その都度カウント方法をチェックする必要がある。

②ボーナスやREGでは天井がリセットされない機種(エヴァ希望の槍、決意の刻など)がよくある。

③決まった回数しか過去のボーナスゲーム数を見られないものもある(データカウンタの種類ではなくて店の設定)。

 

これを知ると知らないとでは収支が1.5倍位違うので知っておいた良いです。

 

逆に、店でこれをやっている人はハイエナ確定ですが、

ただボーナス回数だけを見ている人(ジャグラー等除く)は、北太西洋高設定条約機構の会員確定です。

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です