オリジナルやめどきを考える(期待値の調整)

期待値はいろいろな情報サイトで公開されていますが、

それが絶対というわけではないので注意しましょう。

 

例えば、やめどきをいつにするかでも変わりますし、小役をどれくらい取りこぼしたか、ペナルティをしてしまったかなどによっても大きく変わります。

 

また、情報サイトによって期待値は違います。

なので、期待値は目安ととりましょう。

 

期待値1,000円の台があったとして、その期待値算定の条件が「AT終了後即やめ」だった場合に、

 

「天国確定演出がでたときだけ天国まで回して、その他は即やめ」や、

「天国示唆演出がでたときだけ天国まで回して、その他は即やめ」

 

に変えるなどすると、期待値は変わります。

 

例えば山佐の台で、鉄拳3などは「AT終了時赤画面のみ128ゲームやめ」にすることで期待値を上げられます。

 

ゴッドイーターでは、「AT終了時赤画面のみ128(サクヤ以外394ゲーム)、それ以外は前兆確認2ゲームやめ」にすることで期待値を上げられます。

 

情報サイトにはおおまかなやめどきが載っているので初めはそれを参考にし、今後はさらにプラスして自分のオリジナルやめ時を考えてみましょう。

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です