まどかマギカ毎回タッチゾーン打ちで期待値アップ

 

 

まだホールでは人気のまどかマギカですが、ゾーン狙いをするには少々頼りない部分がある機種です。

 

百の位偶数のゾーン前半と後半で微妙な当選率がありますし、前兆が当日依存なため、期待値のある台を打てているか確信が持ちづらいでしょう。

 

そのリスクヘッジのための技が、毎回タッチゾーン打ちです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

キャラ液晶をタッチするとセリフがでてくるのはすでに知られており、

また黒いセリフが出現すると穢れMAX(次回ボーナスがAT確定のエピソードボーナス)なのも知られているでしょう。

 

 

なので、それを利用した「毎ゲーム液晶をタッチして黒セリフを確認しながら打つ」というものです。

 

 

 

黒セリフは穢れMAX時の約1/80で出現します。

 

なので、ゾーン狙いをする時は毎ゲーム液晶をタッチして、黒セリフが出現したらボーナスまで回し、

それ以外は前兆終了後にやめるようにします。

 

自分の経験上なのでどのくらいの頻度かは正確にはわかりませんが、ゾーン狙いの30回に1回ぐらい黒セリフが出現していました。

 

 

 

エピソードボーナスの期待値はかなり高いものなので、

 

毎回のゾーン狙いの期待値を数百円上げることが可能だと思っています。

 

 

1回のゾーン狙いの期待値を数百円上げられるということは、かなりのリスクヘッジ(担保)となります。

 

 

毎回タッチするのが恥ずかしいという方はあきらめるしかないですが、さりげなくタッチするように練習してみましょう。

 

 

黒セリフが出ると悶絶します。

 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です