秘宝伝伝説への道!新装で狙って良い店【設定看破要素あり】

最近はめっきり寒くなりましたね、「外れない子役ナビならむしろナビしないでほしい」と思っているイエローです。

 

リプナビでスイカまですべってきたりする台出ないですかねー。「おっ、スイカナビじゃん、激熱!」みたいなの。まあ出ないですね。

sentai_ranger1[1]

 

今回は

 

新台【秘宝伝 伝説への道】新装で狙って良い店 についてお話しさせて頂きます。

 

スポンサードリンク

 

 

【12月の目玉機種はアツい】

 

12月中旬に出る目玉機種は新装初日から積極的に狙って良いと思います。

 

メーカーもこの時期に合わせて勝負機種を投入してきます。

 

去年の12月こそパチンコ「北斗の拳6」の1強でしたが、2013年12月16日には「吉宗」が、2012年12月3日には秘宝伝 太陽~」がデビューしています。

 

当時は吉宗の影に隠れる形となってしまった「まどかマギカ」ですが発売時期を見ればユニバーサルの自信作だったのではないでしょうか。

 

事実5号機の中でも名機と呼ばれる程その完成度は高いと思います

 

 

 

 

 

【店選び】

 

秘宝伝はこの冬の目玉機種である事は間違いありません。

 

目玉機種といってもホールによってその使い方は異なります。

 

この時期の新台ですので【初日から店側の大幅プラスの店は黄色信号】となります。

 

hihoux7

 

ですが2日目に「何だよ思ったより出ないんだな、よし思いきって入れるか」となる場合もあるのでこの部分に関しては一概には言えないのですが秘宝伝を【機械代回収から始めている】ホールでは話しにならないでしょう。

 

最高設定2のホールと断定して可ですね。

 

 

 

 

特に過疎ホールなどで5台以下の導入では客寄せパンダ的扱いを受けると思うので初日から設定には期待せず500G天井狙いで立ち回るのが無難かと。

 

 

10台以上導入していて店の稼働が7割程度ある店なら期待出来ま

 

特に北斗強敵に設定を入れていたホールなら年末の回収前に看板になり得る機種を辛くは使わないでしょう。

 

 

ですがグランドオープン店や新装初日+旧イベント日などが重ならない限り【初日は避けるのが無難ですその理由は次でお話します。

 

 

 

 

 

【設定看破要素】
現段階である情報は

 

機械割

1  97.9%
2  99.3%
3 101.5%
4 105.3%
5 109.1%
6 113.5%

そしてチャンス目確率

1 119.8/1
2 117.7/1
3 115.8/1
4 112.4/1
5 110.3/1
6   99.1/1
うん。チャンス目確率での看破は不可能ですね。

 

サブ的要素として取るのはアリだと思いますが。

 

 

 

チャンス目出現率で押し引きを図る必要はない】と思いますね。

 

そもそも3桁の分母で設定看破は無理がありすぎです。

 

バジリスク絆の設定6をBC確率で看破しようとしているようなものですからね。

 

 

では何で判断すればいいか?

 

20151213034429

 

 

 

 

ドラゴンバトル以上が確定する【紅蓮の渓谷】と【高確率突入率が注目されています。

 

 

 

内部仕様が絆のようにテーブル管理の可能性もありますが現状ここに頼るしかなさそうです。

 

自分の台は勿論、回りの挙動も確実にチェックすべきでしょう(露骨に覗くのは失礼なので上手にチェックしましょう)。

 

nav_enshutsu_rush_off

 

当日の履歴やグラフでの判別は過去シリーズから見てもほぼ不可能でしょう。
新装初日を避けるべきだと思う理由は【看破要素が足りない機種を打つのは高いリスクがある為】です。

 

 

 

 

逆手に取れば秘宝伝の5.6は空き台になる可能性も高いと思います。

 

初日に高確率が明らかに多いにも関わらずヤメた台を確保するか次の日に据え置きを狙う、

 

上げ傾向の強い店なら2日連続で5000枚以上マイナスになっている台を3日目に狙って行くなど店の状況によって対応していくのが良いと思います。

 

 

 

秘宝伝のようなミドルスペックで判別困難な台は全台系イベントで選ばれ易い傾向があるので(私の打っている地域はですが)そのような店で明らかにシマが強ければ多少挙動が弱くても押さえるべきでしょう。

 

 

特に5.6枚になったホールでは秘宝伝のような現金が入りやすい台は甘く使われると思いますよ。

 

ではまた

 

スポンサードリンク

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です