設定狙いを始める方へ【ジャグラー・ハナハナ店選び】

どうも、牙狼のスーパーリーチランキングが

 

レギュレイス<レギュレイス斬<カルマだったのが

 

最近アンドラガオ<レギュレイス斬<カルマになったイエローです。

sentai_ranger1[1]

 

今日の話題は

 

ジャグラー・ハナハナシリーズ店選びです

 

今や5号機最大のヒットとなったジャグラーシリーズ、どんな店でも必ず置いてありますね。

 

特にマイジャグラー3はここ最近中古価格で900,000円以上、2でも1台600,000円以上します。

 

そんな大金で買う意味あんの?と思うかもしれませんが不動の人気を誇るジャグラー様ですから回収もあっという間です。

 

そこで今回はジャグラーってどんな店で打てばいいのかを解説して行きます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

6の需要がある店で打つ

 

ジャグラーを打っている客の8割以上が年輩の方や誰も小役を数えていないホールでは期待できません

 

もちろん6を使う事もあるでしょうが可能性として設定5以下濃厚でしょう。

 

 

 

大型ホールで20台以上あるアイムジャグラーが午後6時以降毎日満席になるようなホールでも同じ事が言えます。

images (2)

 

 

私は実際に毎日設定を打っている知り合いが10人弱おりますが、中には【ジャグラーは毎日全台設定2、旧イベント日は全台3】というお店もあります。

 

 

設定3が20台あってフル稼働ともなると設定6にしか見えないグラフを描く台が1~2台は出てきます

 

多い時は5台程度出てきますので客から見ると「わお、1/4で6なんじゃねーの?」みたいに見えてしまう訳です。

 

 

 

これは私の主観ですが【客のレベルが高いホール程ジャグラーの設定6投入率は高いと思います。

 

あくまで設定6の投入率です。平均設定が高い訳ではないという点にご注意下さい。

 

このようなホールは元々朝イチから小役を数えている方も多いので、6を投入しないと客が飛んでしまう為ですね。

 

 

 

4号機時代の設定発表、確認アリの頃に私が軍資金作りの為にオススメしていたのがこのようなホールで【午後10時以降に打つ】という方法です。

 

 

10時以降と書きましたが早ければ早い程良いです。ジャグラーは純Aタイプですので残り時間によって期待値は左右されません。

 

【設定6を12時間打った時と設定6を30分×24日打った時の期待値は同等】です。

 

さらに言うと閉店15分前でも構いません1日500枚制限の都内でも閉店15分前なら400枚で充分でしょう。

 

 

 

ハナハナシリーズ
ハナハナシリーズはジャグラーシリーズに比べて設定が高くなる傾向があります

 

理由はスイカでしょう。

 

約1/160で成立するスイカは準完全告知機との相性激悪で多くの人がスイカをこぼしているのを目にします。

 

キングハナハナやドラゴンハナハナなどは6のPAYOUT112弱との公表値がありますが実際のホールでのPAYOUTはもっと低いです。

 

仮にスイカを半分こぼすと仮定すると7000回転で約220枚もホールに還元している計算になります。

 

 

 

私の経験では【マイジャグラーなどのハイスペックジャグラーに設定を使っているお店はハナハナにも設定を使っている】可能性が高いです。

 

一昔前にハイパージャグラーという台がありました。

ジャグラーなのにフラッシュ発生で小役以上が確定する今でいう花火のような仕様だったのですが、完全告知機なのでフラッシュ+GOGOランプ光らずで小役の取りこぼしが確定します。

 

結果的にこれがビギナーに受け入れられず短命だったのですが当時私の知る限り平均設定はかなり高かったです。

 

公表のPAYOUTとホールでのPAYOUTの差が大きければホールは高い設定を使ってくれる可能性大ですがこれはユーザーの需要がある事が大前提です。

 

 

最近の機種では聖闘士星矢がそうでしたが案の定ビギナーに受け入れられませんでした。

 

さすがにART中に高頻度でビタ押し演出が出てそれを毎回失敗していたら「もうやらね」となるでしょう。

 

その点ハナハナ君は優秀です。

 

「僕、完全告知機だから初心者でも安心だよ。レッツプレイ!」的な顔で油断させておいて約1/160でメダルを回収しようと試みてくる訳です。

 

 

かわいい顔してニクい奴です。

 

 

 

もし近隣でマイジャグラーに設定5以上を惜しみ無く使っているような店があればハナハナに注目してみて下さい。

 

GOGOランプはついていませんがハナハナにはハナハナの面白い要素が沢山ありますからね。

 

 

ただハナハナのシマ状況的にレベルが高いのなら敬遠すべきでしょう。

 

今回お話しさせて頂いた事はあくまで傾向的なお話しです。実際には地域によって違う事ですので。

 

大事な事は【ホールの客層を判断して甘く使われそうな機種】を狙って行く。と言うことです。
ではまた

 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です