薬物ダメ、絶対!【クスリに手を出さない為の優良教材!】

パチンコやパチスロを長くやっていると怖い思いをすることも多々あるでしょう。

 

 

先日独り言の罵声を絶叫しながら打っている人の隣でクジラッキーが止まらないという恐怖の経験をしました。

img12_sp

絶叫ですからね。ホールの音にかき消されてはいましたが、隣の私の耳にはガンガン入ってきています。

 

 

 

あの時だけは早く終わってくれと願ったものです。

 

 

 

 

さて、薬物で芸能人が逮捕される事件が矢継ぎ早に起きていますが、薬物だけはさすがにダメです。

drag

 

なぜダメなのか、若い方はあまりわからないかも知れませんので世界の平和のためにヤングレッドの恐怖の体験談をお話します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

レッドがまだ二十歳そこらの頃でした。

 

音声機器や情報伝達機器等を駆使して出会った女性と逢うことになりました。

 

 

全くの初対面です。

 

 

あらかじめ設定した場所で逢うこととなりましたが、いざそこに登場したのは白のセンチュリー

 

いささかの疑問は生じましたが、なにせ何も世間の怖さを知らない若造レッド。臆することなくその女性の車に乗り込みます。

 

 

 

その女性は仮に「貞子3D」としましょう。

 

 

20代そこそこの小柄な女性。

 

 

髪は茶のロングですが、なぜか顔が見えづらいほど前髪がかかっています

mig

 

 

貞子3D「こんにちはー。」

 

丁寧な対応だったのでレッドは安心してしまいました。

 

 

そこから約一時間半のドライブになりました。

 

車は人里離れた山林へと走っていきます。

 

 

 

車内では他愛のない話などをしていましたが、しばらくののちレッドはようやく「兎」の本能が働き出しました。

yjimage

 

 

「早く帰りたい・・・」

 

 

 

 

貞子3Dの会話に違和感を感じたからです。

 

 

 

レッド「センチュリーなんてすごいね。初めて乗ったよ。」

 

 

貞子3D「知り合いのおじさんに貰ったの。おっきくて乗りづらいんだよねー。」

 

 

レッド「学生じゃないって言ってたけどなんの仕事してるの?」

 

 

貞子3D「うん、デリヘルの運転手。」

 

 

 

 

バヤイ

 

 

 

 

 

多分バヤイ人です。

 

 

 

 

センチュリーをくれるおじさんなんて日本全土を探しても一つの業界にしかいないでしょう。

 

 

さらに私は風俗業界には全く肯定的ですが、本業ではなく運転手専門というヒネリを加えてこられたら対応不可です。

 

 

さらに出会ってから今まで、髪が顔を覆っているのと暗い夜道を走っているのとで貞子3Dの素顔をほとんど見ていません。顔は確かにある、ぐらいの認識はありましたが。

 

 

 

 

しかしまだ山道の往路。

 

時間無制限のロングドライブは続きます・・・

 

 

 

 

すると突然貞子3Dが何かに気がつきました。

 

 

 

「キャー!人!危なかったー。」

 

 

 

 

 

いや、人は確かにいませんでした。

 

 

 

 

 

貞子3D「あれ?おかしーなー。もう切れたのかな…」

 

 

切れた?何でしょうか。この時はさっぱりわかりませんでした。

 

 

 

 

 

続いての異変。

 

クモ!でか!でかいよ!」

 

 

車内にでかいクモがいるとおっしゃっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

激アツです。

 

 

虎柄のタマちゃんがサムと一緒に虹保留を持ってきました。背景は当然デンジャー柄です。むしろ確定でしょう。ドル箱を用意します。

 

 

 

 

貞子3D「あーもうダメ。ちょっと車停めていい?」

 

 

 

 

この暗い山道で何をしでかすのか。

 

 

 

当然期待通りのことをやってくれました・・・。

 

 

 

 

次回予告

 

暗い山道で突然車を停めた貞子3D。

 

ハァハァと苦しそうな貞子3Dはバッグから禁断のアイテムを取り出す・・・

 

逃げられるのか?

 

この恐怖の連鎖からレッドは逃げ切ることができるのか?

 

 

 

次回、ハイエナスロット戦隊五時レンジャー「薬を飲んだり打ったりする女性とのデスツアー!」

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ
今日の記事まあまあ良かったぞ!という方投票お願いします!売れ無すぎて誰も投票してくれないんです!

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です