景品数を巡って店長とバトル!【銀狼のいた店2】

【前回のあらすじ】

アラジンAで調子良く出玉を伸ばしたが・・・。

 

 

 

メダルを全て流して貰い獲得枚数は28000枚弱でした。

 

二階で換金を済ませ外に出た所でちょっとおかしな事に気がつきます。

 

 

 

 

 

完全に計算があいません。

 

 

 

 

この当時の大景品は2000円相当のボールペンです。

 

中景品というものがありません。小景品が500円相当です。

 

 

 

私の手元にあったのが大景品180本なので

 

「完全に100本足りません」

 

 

スポンサードリンク

 

 

すでに自動ドアを閉めようとしているホールに慌てて戻りました。

 

必死かつ鬼の形相で。

c29f9db68d7a6415a0c631ff425b9035_400

 

 

 

 

大急ぎで二階に戻り事情を説明します。

 

この時点ですでにホールの電気は薄暗くなっていました。

 

 

 

 

周りの空気も「コイツ何なんだよ、早く帰れよ」感が満載です。

 

20万がかかっているとはいえ一人では心が折られそうです。

 

そんな大事な時に私の友人二人は帰ってきません!

 

これは完全に【延長】です!【延長】に間違いありません!

 

 

 

 

 

さらにこのホールの当時の店長が恐ろしく態度が悪いのです!

 

私は20万円分の景品が足りない理由におおよそ見当が付いていました。

 

 

 

 

 

実はこのホールのジェットカウンターが9999枚までしか計算出来ないタイプだったんですね。

 

当時の老舗は大抵このタイプだったんですが。

 

 

 

 

 

つまり私は9999枚のレシート二枚と約7900枚のレシートを3枚持っていた訳です。これは間違いなく

 

「私、レシート2枚分しか換金されていない!」

 

 

 

 

mqdefault

カウンターにいた店員さん達がざわざわタイムに突入しました。

 

 

 

 

 

 

危なかったです。

 

 

閉店されていたらどうにもならなかったかも知れません。

 

10分位探していただいた後に店長が私に言ってきます。

 

 

 

店長「うーん、どうやら無いみたいです」

kaiji01

 

 

 

 

 

私「ああ、そうですか。仕方ないですね。また来ます。閉店後にすみませんでした、お仕事頑張って下さい!」

 

 

 

 

 

 

なんて言う訳はありません!!当然ごねます!

 

私はちゃんと渡したと!悪いのはそっちじゃないか!と。

 

若造の攻撃に店長が奮起します。

 

奥義「失礼ですが身分証明書見せて貰ってよろしいですか?」を使ってきました。

 

 

 

 

これにはさすがにカッチーンと来ましたね。

 

まあ私がカチンと来ても特にステータスは上がらないのですが。

 

 

 

 

 

疑ってます、完全に私をたかり屋と疑っているのです!

 

 

時刻は11時を過ぎて周りには7、8人の店員さんが私を取り囲むように待っています。

 

確認してくれ!調べればわかるよ!と言っても半信半疑の店長が動いてくれません!

 

 

 

 

 

 

駄目か、駄目なのか・・・私の心が折れそうになったその時・・・

 

「ジャキーーーン!」

nc94771

 

 

 

 

 

 

「俺、確かに28000枚流しましたよ」

mnlBbI9iIVo6y7z_tCjlw_66

 

 

 

 

カットインです!虹カットイン!そう!銀狼君です!あの時の銀狼君が虹カットインです!
仕方なく、店長がダッルそうな顔をして調べに行きました・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は態度が一変!おそらく数字が合わなかった事を確認した為でしょう。

 

店長すいません、すいませんスタイルに急変しました。

yarare_tencho

 

 

 

 

結果、カウンターの女の子がレシートを落としていて細い隙間に入ってしまった為だったのですが、無事にレシートが発見されたのが【11時45分です】

 

 

 

 

 

歌舞伎町近辺のパチンコ屋さんは全て同じ換金所だったのですが当然やっていません。

 

私は11時45分過ぎにパンッパンのスーパーの袋2つにボールペンを280本入れて歩いている変な奴になってしまいました。

uploaded

 

 

しかも超重いのです。

 

 

ガシャガシャ音をたてながらダッシュで終電に向かいます。しかもこの日が金曜という事もあり終電は大混雑です。

 

 

大混雑の中に飛び込んだ訳です。中身が透けている半透明のパンパンのスーパーの袋2つを両手で抱えた馬鹿が

 

 

今にも「お前何だよ!それ!邪魔だから乗るなよ」と言われんばかりの雰囲気です。

 

 

 

あの時恐喝されていたら完全に取られていましたね。ボールペン。

 

 

 

 

あの時の対応の悪さからそのホールには二度と近づきませんでした

 

 

 

 

本当にホールの接客が向上して良かった。

 

よく昔のギャンブル場のような雰囲気が好きだと言う方も多いですが私は断然今のぬるーい接客が大好きですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です