労災に遭ったら!?【サラリーマンは体が資本!】

さあ、やってきたぞ!

レッドの独断編集記事

「リーマン紀行」のコーナーだ!

 

 

短い記事だからリーマンじゃなくても読んでくれよ!約束だ!

 

スポンサードリンク

 


 

今回も姉妹サイトからのピックアップ記事です。

 

「資格取得で五時レンジャーライフ!」

労災認定の実際【労災はとって当たり前?とらなくて当たり前?】へジャンプ

 

 

 

労災というと大げさなイメージがありますが、実は敷居が高いわけではないのです。

 

 

そこには、会社の見えない「桜木花道ばりのディーフェンス!」が未だはびこっているからなのです。

 

 

 

 

 

業務中に怪我をしてしまった!その時、

 

 

社長曰く、「それは労災じゃないよ」

000469_li

上司曰く、「労災なんてとれないんじゃない?」

 

 

まずです。

 

 

 

 

 

そこまで言ってしまうと言い過ぎかもしれませんが、自分が一番言いたいことは、

 

労災か否かは、「労働基準監督署」しか判断できないということです。

 

 

 

 

それなのに、現在の社会では「労災は会社に認めてもらうもの」といった間違った風潮がまかり通っています。

IMG_20160115_231151

 

 

 

 

それは、日本が「サラリーマン飼い殺し社会」であることに少なからず関係しているのですが、

 

そこはまたの機会に述べさせていただきます。

 

 

 

今は、労災などには縁がないと思っているサラリーマンの方々も、いつ事故が起こるか全くわからないのです。

 

その時、会社にうまくかわされないためにも、最低限の知識を持っていただければと思います。

 

 

 

 

記事を読んでいただき、レッドがいかにガメつい人間かを知っていただくだけでも幸い(?)ですけどね!

 

 

 

 

 

 

次回予告

 

 

 

 

次回予告ゥーー!!

 

 

 

 

sketch-1453736198818

 

 

 

「あ、危ない!!後ろにいるのは最強の怪異風の幼女じゃないか!?」

 

 

 

 

「パナイデスカ?カキピータノム?シャチョサン。」

 

 

 

 

「エンチョーシヨウヨシャチョサン。カキピータノム?」

 

 

 

 

 

 

古の時代にいくつかあった「多国籍パブ」を思い出させるぞ!

 

 

 

 

レッドはかつて多国籍パブで完全パック料金にカキピー代を上乗せされたことに逆上して黒服に詰め寄ったことがあるぞ!

 

 

今となってはいい思い出だ!!

 

 

 

 

 

 

 

次回ハイエナスロット戦隊五時レンジャー

「多国籍っていっても9割はアジアじゃないか!!」

 

 

 

 

 

「ライシュウモサービススルヨ。シャチョサン。オパイスキデショ。オパイ。」

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です