車の事故で損をしないためには【知られていない法律の矛盾】

車社会と言われている日本では、誰でも一度は車にまつわるトラブルに巻き込まれたことがあるでしょう。

 

 

今回は車による事故についての対策法(?)をお話します。

IMG_20151228_161053

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

【駐車場でのトラブル】

 

駐車場で一番多いトラブルは、

 

車体同士の接触事故でしょう。

 

 

 

 

擦ったor擦られた経験がある方がほとんどなのではないでしょうか。

 

実は、この接触事故にはあまり知られていない日本の法律の矛盾があるのです。

 

 

 

ケース

「駐車場に車を停めて、戻ってきたら車体が擦られていた」

 

 

 

 

このケースを考えてみましょう。

 

結果から言うと、

 

「泣き寝入り」です。

imgout

 

 

 

大事な車の車体に傷をつけられたのに、警察を呼んでも相手にしてもらえません。

 

実は、ここに日本の刑法の大きな矛盾点があるのです。

 

 

 

 

車体を擦られたということは、実は刑法では全く罰することができないのです(故意を除く)。

 

隣の車が出庫するときに、隣の(自分の)車を誤って接触させて傷をつくってしまった。

 

「しまった!」と思ってその車は逃げて行ってしまった。

 

 

 

 

それでも刑法では何ら罰する規定がないのです。

 

 

相手の車のナンバーが分かっていても動いてくれない可能性があるのです。

 

 

 

 

細かく説明します。

 

わざと(故意に)車を傷つけた場合は、刑法上「器物損壊罪」にあたります。

 

「物をぶっ壊してやろうと思ってぶっ壊した」場合ですね。

im00017387

 

 

 

 

しかし、誤って(ミスで)車を傷つけた場合には刑法では裁くことができないのです。

 

 

 

 

聞いたことがあると思いますが、「自動車運転過失致死傷罪」というものはあります。

 

誤って(ミスで)人を轢いてしまった場合などですね。

※コメント欄のうきゆきちゃん様からのコメント参照

 

 

 

 

しかし、「過失器物損壊罪」なるものはありません

 

誤って(ミスで)物を壊してしまっても、刑法には引っかからないのです。

 

 

 

 

 

もちろん民法での「損害賠償請求」は適用になりますが、

 

民事不介入を決め込んでいる警察は動くことができないのです。

 

 

 

 

ここに日本の法律の矛盾点があるのですね。

 

 

 

 

 

かろうじて道路交通法には「事故不申告」というものがありますが、これで警察が動いたという話は聞いたことがありません。

 

 

 

なぜなら事故不申告は申告義務のある者が申告を怠ったというあくまでも本人の手続き義務違反を問うだけのものだからです。

 

 

 

いずれも警察24時みたいなテレビ番組でやっているような、塗料から車体を割り出したり、防犯カメラからナンバーを解読したりというようなことは全くやってくれません。

maxresdefault

 

 

 

 

警察には「比例原則」というものがあります。

 

国民の税金を使っているのだから、小さな事件にまでコストをかけるなよ、という暗黙の決まりごとです。

imagesMK0487Y5

 

 

 

 

 

「警察が動いてくれない」とよく言われている理由は、実はこれなのです。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、もし車同士の事故で自分が少しでも体をぶつけていたら「怪我をした」ということを強調しましょう。

(嘘はダメですが)

 

 

打撲や捻挫は外傷がなくても症状が認められやすいですから(医者で)お手ごろですね。

img_6b781ad5a72217cce024f2790af0cd5b295972

 

特に首はその時症状がでていなくても翌日以降に症状がでることがあるため、示談にせず必ず警察を呼びましょう。

 

 

 

 

 

怪我をしたということであれば、警察の捜査力(やる気スイッチ)が一気に上がる可能性があります。

 

 

 

人身事故になると一気に捜査の意義が高まるからです。

(比例原則により)

 

「自動車運転過失傷害罪の犯人」を捕まえるという意義が成り立ってきます。

 

 

 

 

(レッドが自動車事故で怪我をしておいしい思いをした話はまた別の機会にお話したいと思います。)

 

 

 

 

 

 

 

 

逆もまた然りで、こちらが擦ってしまった場合は・・・。

 

ご本人の判断にお任せします。

 

 

 

 


 

宣伝コーナー

第一回プレミア画像選手権応募受付中です!(2/22まで)

ぜひお願いします!

応募ページへ

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

“車の事故で損をしないためには【知られていない法律の矛盾】” への2件のフィードバック

  1. 今は刑法じゃなく特別法になりました。
    業務上過失致死罪(刑法)→過失運転致死傷(刑法内に新設)→自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷行為処罰法)2014年に特別法新設という流れです(`・ω・´)

    私は何故こんなことを知っているのか
    (^。^;)

    私今まで2回も当て逃げされました(T_T)

    • red より:

      すごいですね!
      ありがとうございます。

      やはり当て逃げされて勉強するのが一番ためになりますね。
      できたら避けたいでしょうが・・・。
      勉強になりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です