スロッターは体が資本!【インフルエンザについての嘘!】

数か月前、急性胃腸炎で入院をし、そして先日はインフルエンザにかかってしまいました。五時レンジャー活動記11話以降参照

 

 

 

インフルエンザは2年連続です。予防注射を打っていないのが悪いといえばそうなのかもしれませんが・・・。

 

 

スポンサードリンク

 

 

体調的にもつらいことは確かなのですが、一番つらいのは稼働できないことだと思います。

 

 

 

仕事終わりのサラリーマンであれば給料については有給や病休で処理できるでしょうが、専業の方であれば丸々損となってしまいます。

 

一週間体が動かないとしたら十万円以上の損失となってしまうでしょう。

 

 

 

 

そこで、微力ながら自分(レッド)の経験談をもとにしたインフルエンザにまつわる嘘(嘘はいいすぎですが)を紹介したいと思います。

※あくまでも個人的な極めて少ない試行回数(2回)からの結論ですのでご了承ください。

 

 

 

 

①急な発熱は嘘!

インフルエンザの特徴として急な発熱というのが多くあげられています。

 

しかし、自分は2回のインフルエンザの際には36℃後半から37℃前半を経たのち徐々に熱が高くなってきました。

 

そして熱発3日目にようやく38℃に到達しました。

 

熱が出にくい・出やすいなどもちろん個人差はありますが、少なくとも徐々に熱が出だすケースがあるということです。

 

 

【顕著なのは筋肉痛・関節痛】

 

インフルエンザの主症状でよくあげられているのが、

 

全身痛ですが、

 

これは自分もあてはまりました。

 

熱の自覚よりも筋肉痛(特に腰痛)と間接痛の自覚の方が早かったです

 

 

 

2年連続でかかっているので察知が早かったのかもしれません。

 

おまけに下の感覚異常も2年連続で現れました。

 

 

 

 

②「A型にかかったからA型にはしばらくかからない」は嘘!

 

自分は、昨年A型にかかりました。

 

しかし、今年もA型にかかりました。

 

 

 

 

 

先生にどうしてでしょうかと聞いてみると、

 

「A型にも多種あるから今年どんな種類が来たのかはわからない」

 

とのことでした。

 

確かに病院でのインフルエンザチェッカーはAとBの区別位しかありませんでした。

 

 

 

ホンコンだのカナダだのいろいろな由来のウイルスがあるそうですね。

 

これにはやられました。

 

 

 

 

③予防接種はどうなのか!?

 

予防接種が効くだの効かないだのの論争が医学界ではされているようですが、

 

もうどっちでもいいです。

 

 

 

 

自分は観念しました。

 

来年からは受けさせていただきます。

 

 

 

 

病院が混んでるのが嫌だという方もいると思いますが、

 

最近では予約なしでワクチンをいきなり打ってくれる病院もよくあります。

 

朝一から病院に行ってワクチンを打ってからでも十分ホールの開店には間に合うと思うので、無駄な稼働ロスを避けるためにも11月ころには接種にいくのがベスト!なんでしょうね・・・。

 

 

 

 

 

 

④無駄足を踏まないためにも熱については嘘をつけ!

 

蛇足だと思う方もいるかも知れませんが、今回一番推したい点です。

 

実際に病院に駆け込んでもインフルエンザの検査さえしてくれない場合もがあります。

 

 

実際、自分は今回1回目の受診では検査をしてもらえませんでした

 

 

 

 

その理由は「熱が出ていないから」でした。

 

ある一定の条件に合致していないとインフルエンザの検査が保険適用外になってしまうとのことでした。

 

 

 

そして、喉の薬だとか防御力が上がる薬だとかなんたら言われて数種類の薬を出されただけ終わりました。

yakusounohi

 

 

 

実際その時は37℃台だったので仕方なかったのですが、その後夕方に38℃に到達したので意気揚々と病院に電話すると、

 

 

「熱が出て時間が経っていないから検査しても陽性がでるかわからないよ」

 

 

と暗に拒否されたので、先生のおっしゃる通り翌日朝一で行ってやろうと思っていましたが、その病院は翌日休診日でした。まんまと逃げられましたね。

 

 

 

 

 

 

 

結局翌日に違う病院に行ったのですが、今度はもう熱が37℃台まで下がってしまっていました。

 

 

熱が下がりすぎても陽性反応が出づらくなるとどこかに載っていたので、病院には嘘をついて今朝まで38℃あったと言い張って無事に検査を受けられました。

 

 

 

 

そこで!みなさんが病院に駆け込んだ時は、次の条件に合うように証言(?)すると良いと思います。(ヤ○゛先生の話より)

1

 

 

①38℃以上の熱が出てから12時間以上たった。

 

家族に同症状の者がいる。

 

全身痛の症状がある。

 

この3条件を満たしていれば自分のように無駄足を踏まされる可能性は少なくなると思います(勝手にレッド調べより)。

 

 

 

いち早くインフルエンザと診断され、秘密の薬(タミ○ル&リレ○ザ等)を処方してもらえれば完治までの日数が短くなると思いますので、参考にしていただければ幸いです。

ダウンロード

(※秘密の薬たちは早急な服薬により菌の増殖を止める薬であり、時間がたちすぎると効果(意味)がなくなるそうです。ヤ○゛先生より)

 

 

なお、休む日を少しでも伸ばす裏ワザは、姉妹サイトに記事を載せていますのでよろしければどうぞ!

姉妹サイト記事

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

“スロッターは体が資本!【インフルエンザについての嘘!】” への2件のフィードバック

  1. とらお より:

    こんばんは^ ^

    インフルエンザ大変ですね( ; ; )

    自分わ予防注射1回も
    うったことないんですが、
    インフルエンザに
    かかったことないです。笑

    やっぱり、稼働できないと
    きついですよねー。

    体にはお気をつけて^_^

    • red より:

      ありがとうございます。
      レッドは今までかかったことがなかったのですが、
      昨年、今年と2年連続でやられましたからご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です