代打ちを各店舗に配置して稼ぐ【ハイエナ稼動編1】

では先日記事にした、各店舗に人を配置して稼ぐ方法を実際に今も取っている方の話をしたいと思います。

 

 

私より3つ歳上のYさんは1日に3人程代打ちを雇っています。

 

 

 

条件として1日の代打ち料は10000円+食事代

 

雇った3人をそれぞれ別のホールに配置してハイエナ稼働をして貰っています。

 

 

 

代打ちの方は打ち始めのG数をLINEでYさんに報告、最後に投資と回収を同じように報告する形を取っています。

 

 

 

 

Yさん自身はフリーで動き○○が空きました等の連絡が入り、かつ動ける状況ならそのホールに向かうといった感じです。

 

 

それ以外は基本的に代打ちして貰っているホールには近づきません。これは多人数で立ち回っているのをなるべくホールやライバルに悟らせない為です。

 

 

ホールにもよりますが多人数で立ち回っている事を極端に嫌がるホールも確かに存在するのです

 

 

今回の話の中心人物はYさんの代打ちを2年間続けているK君です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

K君はとあるパチンコ屋の店員でしたが店員時代にホールでYさんと仲良くなり、代打ちをしないかと勧誘された所K君はこれを了承。Yさんの代打ちをする事になりました。

 

 

 

 

私はK君ともYさんとも知り合いなのですが、K君はYさんについてとにかく文句が多いです。

 

 

 

 

たまに行く飲みの席ではいつも私に愚痴を吐いてきます。

 

その理由は、主に朝が早いだの日当が安いだの。

imagesPYGOGB40

 

 

 

 

 

私から言わせれば「じゃあやらなきゃいーじゃん」で済んでしまう話がほとんどです。

 

 

私はYさんとも知り合いという立場上、彼に同意こそしませんが、いつも話を聞く側に回って「大変だな~」と話を流すようにしていました。

 

 

 

 

 

もちろんその話をYさんに報告したりはしません。

 

 

無関心主義の私にはぶっちゃけどーでもいい話なのです。

 

 

そもそも本音を言えばなんで代打ちをしているのかも疑問な位ですので。

 

 

 

 

ある日私が友人とホールへ行くとK君が一人で打っていました。おそらく代打ちをしているのでしょう。

 

私はK君にコーヒーを差し入れて「よお」と声をかけました。

 

 

この時はまだ普通の会話を少しした程度だったのですが、数時間後様子を見に行くと頭上にはカチ盛り2箱のコインが!

080724_2248~0002

 

 

 

出玉なし絶賛投資中の私には羨まし過ぎるカチ盛りです。ざっと見3000枚程でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

機種は北斗の拳転生の章だったのですが、この時私は少し疑問に思う事がありました。

hokuto_tensei_hp

 

 

 

 

 

 

枚数について違和感を感じていたのです・・・。

 

 

 

 

 

 

そしてこの後日、私はK君から驚きの提案をされる事となるのでした!

mig

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

Pocket
LINEで送る

関連記事です!

最近の人気記事!

“代打ちを各店舗に配置して稼ぐ【ハイエナ稼動編1】” への6件のフィードバック

  1. アキオ より:

    つ、続きが気になる・・・(´nωn`)
    違和感は表示枚数に対して出玉が少なかったんでしょうかね・・・
    続きをお待ちしてます!!

    • red より:

      ありがとうございます!
      励みになります。

      この先は読めてる方もいると思いますが・・・。
      またも裏切り話です。

  2. スロハチ より:

    この後どういうギスギス展開になっていくのか興味津々です。ただ、この手のトラブルは自分では経験したくない・・・なので極力ホールで専業さんや上手い人の知り合い作りたくないんですよねぃ。養分道まっしぐらなお客さんとはすっごくフレンドリーなんですけど。

    • red より:

      台を譲ったの譲られたので結構気を使ったりしますよね!
      レッドは人付き合いは好きなのですが、
      ホールではなるべく知り合いを作らないよう気をつけています。
      敵を作らないようにも気をつけていますが・・・。

  3. とらお より:

    こんばんは^ ^

    毎回楽しみにしてます!
    続きがきになります^_^

    • red より:

      ありがとうございます。
      イエローも大変喜んでおります。
      これからもイエローのレア(ありがち?)体験をどんどん載せていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です